BRADIO特集

  • インタビュー
  • 最新情報

interview

Interview

BRADIO

最新アルバムはどんな作品ですか?

真行寺貴秋(Vo.)
“自分たちはこうなんだぜ”という現れや“変わらないために変わる”ということを表現できた1枚です。ようやく“SOUL”というものが故意に作ったものではなく自然とにじみ出てくるようになったんじゃないかと思います。
酒井亮輔(Ba.)
曲ごとのテーマやコンセプトを歌詞に沿ってイメージしながらレコーディングできたので、達成感はあります。ベースはこうであるべきという枠から外れた考え方や、曲のクオリティーをいかに上げるかというところはかなり意識しました。

リード曲「-Freedom-」に込めた思いをお聞かせください。

真行寺貴秋
ワングルーヴで突き進むとてもテクニカルな楽曲に、いかに簡単でキャッチーなメロディーやフレーズを乗せるかが最初の大きなテーマでした。“あんたの人生 人任せなんてやばくない? ”というフレーズはなかなかグサリときて気に入っています。

カラオケで「-Freedom-」を歌う際のアドバイスもお願いします。

田邊有希(Dr.)
この楽曲はAメロはトリッキーなのですが、サビのメロディーは意外とシンプルにできています。なのでAメロは勢い、サビは“Freedom”をみんなで合唱!!どーでしょうか!?

3月から11都市を巡るワンマンツアーが始まりますね。どんなツアーになりそうですか?

田邊有希
構想や妄想はたくさんありますが、今は内緒です(笑)。誰一人置いていかないライブ、みんなで作り上げていくライブ。みんながワクワクするツアーを期待してください。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

大山聡一(Gt.)
音楽ってこんなにスカッとして楽しくて素晴らしいんだと思えるライブをやっているので、音源をチェックして遊びにきてくださいね!

Profile

Profile

BRADIO

真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)、田邊有希(Dr)、4人組ロックバンド。
~Break the Rule And Do Image On~
日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を。
「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された4人組ロックバンド。

2013年10月に1st mini album"DIAMOND POPS"で全国リリース。
2014年夏にはT.M.Revolution西川貴教主催イナズマロックフェス2014に出演。その後各地のサーキットイベントにも勢力的に活動を広げる。
2015年1月期アニメ『デス・パレード』オープニングテーマ、10月期アニメ『Peeping Life TVシーズン1 ??』オープニングテーマ、さらに"京都きもの友禅" 全国CMのイメージソングのタイアップの数々を担当。2015年夏には国内邦楽最大級フェスティバル"ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015"に初出場にしてステージのトリを努め、"COUNTDOWN JAPAN 15/16"では2016年、年明けのステージで会場を大いに沸かす。
これまで行ってきたワンマンライブは全ソールドアウト。
楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声で見に来たFUNKY PARTY PEOPLEを虜にするエンターテイナー集団BRADIO。

▼BRADIOの最新情報はこちら
http://bradio-web.com/

▲ トップへ戻る

楽曲を探そう!