AK-69 [まま音]特集

過酷な環境をものともせず、つらくても立ち上がる。そのスタイルは、経営者やトップアスリートからも厚く支持されている。
今だけクリップで歌える「上ヲ向イテ」は、それを物語る楽曲だ。ミュージックビデオには、AK-69と親交の深い中日ドラゴンズ前監督の谷繁元信、ボクシング元世界スーパーチャンピオンの内山高志が出演。2人が見せるたくましい表情や“上ヲ向イテ”という強いメッセージに誰もが勇気をもらえるはずだ。「Hangover」と「Forever Young feat. UVERworld」は、ダイナミックな映像を背景になんと本人の歌唱付きで歌えるスペシャルな内容で登場。
現在開催中のツアーは大盛況、秋には約3年半ぶりの日本武道館公演も決まっている。全速力で突っ走る彼の動向に期待は高まるばかりだ。

今だけクリップ

曲名 リクエストNo. MYデンモク登録
上ヲ向イテ 3125-84 MYデンモク登録 MYデンモク登録

まま音

曲名 リクエストNo. MYデンモク登録
Hangover デュアルモニター 3125-22 MYデンモク登録 MYデンモク登録
Forever Young feat. UVERworld デュアルモニター 3125-21 MYデンモク登録 MYデンモク登録

デュアル映像は、LIVE DAM STADIUM限定のコンテンツです。詳細はこちら

リリース情報

DVD『Zepp Tour 2016 ~Flying B~』

DVD『Zepp Tour 2016 ~Flying B~』
Def Jam Recordings
2017.3.8 On Sale

プロフィール

AK-69

孤高のHIP HOPアーティスト。

「険しい道を敢えて選ぶ」という自身の歌詞にもある通り、勝ち上がり辛い環境から、頂点を目指すラッパーである。

オリコン総合DVDチャートにて1位を獲得をはじめ、音楽アワードMTV VMAJ 2015にて『BEST HIP HOP ARTIST』を受賞。

ニューヨークのNo.1 HIP HOPラジオ局と名高い"HOT97"に日本人として初のインタビューを受け、同局主催イベントへのライブ出演も果たす。国内では、2014年に日本武道館を含むアリーナツアーを成功させ、翌2015年にはキャリア最大規模となる全国13都市を回るホールツアーを開催した。プロ野球選手登場曲の使用率2年連続No.1('14年,'15年)。ボクシング世界王者やサッカー選手、騎手、体操、格闘技などのトップアスリート達から、IT企業や多くの経営者達まで、各方面より絶大な支持を受ける。

2016年1月、さらなる"インディペンデント"を求めて、自身が代表を務める『Flying B Entertainment Inc.』を設立。

2016年4月、伝説的なHIP HOPレーベル『Def Jam Recordings』の日本での再始動後初のアーティストとして電撃契約を果たす。

2016年11月23日、同レーベルより初のフルアルバム『DAWN』をリリース。

"勝ちは勝ちでも、こだわる勝ち方"。そのAK-69の信念を曲げぬまま、
真の伝説は今、夜明けを迎える…。





  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。

ページトップへ戻る

▲ トップへ戻る

楽曲を探そう!