メインビジュアル

SUSHIBOYS

限定や配信のリリースに加え、ネットを通じたMVや楽曲の発表などで早くもヒップホップのフィールドを超えて注目を集め始めたSUSHIBOYS。兄弟2人と小学校からの幼なじみからなる3人の日常と地続きな音楽が、1stミニアルバム『WASABI』で今、全国へ。そのリリースを前に、彼らに話を聞いた。

インタビュー

―今回の『WASABI』が初の全国流通盤となりますが、今の気持ちを聞かせてください。

ファームハウス・・・1年前くらいにグループ結成した時にもう自信はあったんですよ、正直言うと。だからなんで分かってくれないんだろうなとずっと思っていて。

―そんな時期もあったんですね。むしろとんとん拍子にここまで来たようにも見えるんですが。

ファームハウス・・・だから、その時の自分が今の自分を見たらたぶん、“あーやっぱりな。良かったな”みたいに思ってると思うし、現状はうれしいですよね、単純に。ありがたいことだなとも思う。

―『WASABI』は、そのタイトルや収録曲はもちろん、アヒルボートに乗った姿をジャケットに持ってきているところにも、肩ひじ張らぬグループのテイストが表れていますね。実際、本作には「アヒルボート」という曲も収録されていますが、こうしたとっつきやすさはSUSHIBOYSならではだろうと思います。

ファームハウス・・・小っちゃい子からおばあちゃんまで歌える曲も作りたいですし、やっぱりいろいろな人に聴いてもらいたいなっていうのはずっとあるので。

サンテナ 自分たちはいわゆる入り口になりやすいと思うんですよね。ヒップホップのカッコ良さをちゃんと出しつつ、オープンな感じになっていると思うので。この『WASABI』にしてもそうだし。

エビデンス・・・とりあえずヤバいアルバムにはなったと思います。本当にヒップホップはJ-POPを超えるくらいカッコ良い音楽だと思ってるし、そういう印象を植えつけられる作品がこれだと思う。

―さらに、今回はDAMの“5月度D-PUSH!アーティスト”に選ばれたということで。

メンバー全員・・・ありがとうございます!

―皆さんはカラオケに行かれたりしますか?

ファームハウス・・・最近はなかなか行くことができないんですけど、昔は結構行きましたね。

―じゃあ当然歌われたりも。

ファームハウス・・・でも本当に音痴で。大学のサークルとかで行っても“ちょっと帰りたい”ってタイプだったんですよね。あんまり得意じゃないし、人前で歌いたくなかったのでほとんど覚えてないです、正直言うと。

サンテナ・・・俺も歌はそんなに褒められたもんじゃないですね、基本的に。採点したらたぶん60点とか。厳しいですよね、今の精密採点。

エビデンス・・・そうそう。俺も同じ。だから友達と行っても歌ったことないです。歌うのは家族で行った時くらいですね(笑)。

―そんな皆さんがカラオケに行ったら必ず歌うような曲はありますか?

ファームハウス・・・なんだっけな…、「ピンク スパイダー」(hide with Spread Beaver)とかかな。

サンテナ・・・「ピンク スパイダー」とか、アニメ『メジャー』のオープニング曲(「心絵」ロードオブメジャー)とか。

エビデンス・・・あれ歌うんだ(笑)。カッコ良いですよね。

サンテナ・・・あとなんだろうな…「月光花」(Janne Da Arc)とか。

ファームハウス・・・「夏恋」(シド)とか(笑)。カラオケによく行っていたのが中学の友達とかとだったので、その時聴いてたのをたぶん歌っていたと思います。

サンテナ・・・あとは「We Are The World」(USA For Africa)ぐらい。基本その5曲のローテーションですね、ひたすら。

―なるほどそうなんですね。SUSHIBOYSの曲をカラオケで歌う時のアドバイスなどはありますか?

ファームハウス・・・みんなどう思ってるんだろうな。正直言うとカラオケに入れてもらえると思ってなかったんで、あんまり歌う人たちのことは考えてなかったんですよ。

サンテナ・・・(笑)。歌わせる気ないね。

ファームハウス・・・ごめんなさい(笑)。

―はは。でもラップならではの難しさはやっぱりありますよね。

ファームハウス・・・たぶん早口のところですかね。結構言葉を詰めこむタイプなので、僕とかは。そこはなかなか難しいと思います。

サンテナ・・・歌詞を目で追いながらラップするのは難しいかもしれない。歌詞を覚えてカラオケに来てくれっていう感じですね。

エビデンス・・・だから歌うためにはSUSHIBOYSをいっぱい聴くことですね。聴けば自然と歌詞も出てきます。

サンテナ・・・なので、東名阪のツアーにも来てください。

エビデンス・・・(笑)。結局そういうことなんですよ。

サンテナ・・・とりあえずライブ来てくれたら教えるので、カラオケのコツも(笑)。

―了解です(笑)。ありがとうございました。

(取材・文:一ノ木裕之)

SUSHIBOYS×BARKS×DAMインタビュー後編! 気になる前編はBARKSのサイトでチェック!

  • ミニアルバム「WASABI」を詳しく語るインタビューはBARKSで!
オフィシャルサイト

リリース情報

サムネイル
ミニアルバム『WASABI 』
Trigger Records
Now On Sale
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る