メインビジュアル

松原のぶえ

D-PUSH!
デビュー40周年の記念作品は
伸びやかな声が生きる熱唱演歌

本人映像

インタビュー

波乱万丈の人生を乗り越え40年歌い続ける原動力と思いを語る

―デビュー40周年おめでとうございます!今作は、恩師である北島三郎先生(原 譲二氏)に自ら制作を依頼なさったそうですが、どのような思いで依頼されたのでしょうか?また、何か具体的な希望は伝えられましたか?

40周年のスタートのための作品は北島先生に頼むしかないと思い、作曲をお願いしたら二つ返事で引き受けてくださいました。のぶえのことを一番分かっているのは僕だからとおっしゃって、メロディーを書いているうちに詞も浮かんじゃった、と(笑)。どんな曲にしたいか、こちらからの希望なんてとんでもないことです。作っていただけるだけでありがたいと思っていました。この曲をたくさんの人に聴いてもらえたら、それが恩返しにもなると思って歌わせてもらっています。

―レコーディングでの印象的なエピソードを教えてください。

北島先生は普段、弟子のレコーディングには最後まで付き合ったりしないのに、今回はずっと“こんな感じはどう?”と歌ってくださり、手とり足とり指導してくださったんですね。レコーディングの時間自体が宝物でした。ああでもない、こうでもないと試行錯誤の末に、最後は“のぶえが好きなように歌ってみて”と言われて歌ったら“よし、これでいこう!”となって(笑)。そして、録音したものを先生が会う人みんなに聴かせては“いいだろう?この曲”と自慢してくださったことがうれしかったです!

―カラオケでこの作品を歌うときのコツを教えてください。

ファルセットを使っていますが、気持ち良く素直に歌える曲です。“未練 未練 未練の岬”のところでは、なりふり構わず気持ちを高揚させて歌ってください。

―これまでの歌手生活を振り返って、どのように感じられますか?

1年1年やってきて、ふと振り返ると40年も経っていたという感じです。郷里から出てくるとき、母に言われたのは“とりあえず5年は頑張って歌ってね。周りに反対されて出て行くのだから、形になるまでは帰って来ないように”ということ。“5年頑張れたら10年も頑張れるだろうし、少しは顔と名前も覚えてもらえるようになるだろうから”と言われました。その言葉を支えに、周りのスタッフやブレーンにも恵まれ、皆さんに支えられて歌い続けることができて、本当に感謝しています。

―第一線で歌い続ける原動力、また、歌い続けて良かったと思えることは何でしょうか?

17歳で上京してきたとき、北島先生に“君は演歌だね”と言われて演歌を歌うことになったんですが、演歌だからこそ歌い続けてこられたのだと思います。出会いから別れまでを数行で説明できるような歌をうたえるのが幸せだなと。演歌は生活に密着していますし、いろいろなことを端的に表現できる、生活になくてはならないものだと思っています。そして私が歌い続ける原動力は、人が好きだということ。人が笑ってくれる、元気になってくれることが幸せです。私から歌を取ったら何も残らない。腎臓の移植手術のとき、弟が“あんたから歌を取ったら何も残らないでしょ”と言って腎臓を提供してくれたんです。私にとって歌は体の一部なんです。ちょっとカッコ良かった?(笑)

―今後の目標は?

もらった腎臓を大切に、1日でも長く歌うことです。あと何年歌うことができるかの挑戦ですね。

Profile

松原のぶえ

大分県生まれ。昭和54年「おんなの出船」でデビューし、『第21回日本レコード大賞』の

新人賞をはじめとする各種賞レースで新人賞などを数多く受賞。ヒット曲に「なみだの桟橋」「維新のおんな」「蛍」など。

オフィシャルサイト

北島三郎(原 譲二)先生 インタビュー

北島三郎(原 譲二)先生

北島三郎(原 譲二)

昭和11年生まれ。高校を卒業と同時に歌手を目指して上京。渋谷で流しをしていた時、師匠船村 徹氏と出会う。昭和37年6月デビュー以後「なみだ船」「兄弟仁義」「函館の女」「北の漁場」「風雪ながれ旅」等ヒット曲多数。また、ペンネーム原 譲二として自らが歌唱した「まつり」「山」「橋」、島津亜矢「大器晩成」、藤 あや子「夕霧岬」他多数を世に送り出す。NHK『紅白歌合戦』通算50回出演。『北島三郎座長公演』通算4578回。平成28年旭日小授章を受章し、今もなお演歌界第一線で活躍中。

松原のぶえさんの師匠でもあり、作家・原 譲二として「みれん岬」を作詞・作曲された北島三郎先生にお話を伺いました。

―松原のぶえさんは昭和54年にデビューされましたが、そのときの印象を教えていただけますか?

のぶえがうちの事務所に来たのは高校生の時で、第一印象はあか抜けない子だなぁと思いました。でも歌を聞くと張りのあるいい声で、“この子の声は売れる!”と直感しました(笑)。

―「みれん岬」の作詞・作曲をされた経緯を教えていただけますか?

松原のぶえとして「おんなの出船」でデビューしたのは皆様もご存じだと思いますが、あれから月日が流れて歌手生活40周年を迎えるというときに、本人が私のところに訪ねて来てくれました。そこでぜひ記念作品を作ってほしいという話があり、私も節目の年に何かお手伝いができるならと思い、この「みれん岬」を作りました。

―松原のぶえさんですが、作家から見た歌い手としての魅力はどんなところだと感じていますか?

私も北島三郎として歌の道を歩かせていただいているので、作家から見たなんてそんな偉そうなことは言えませんが、私が好きなのは、彼女の悲しげで響きがあり存在感のある声ですね。あの声を聞くと松原のぶえだとすぐ分かりますし…。今回の作品も、松原のぶえの声を生かせるようなマイナー調の楽曲にしました。

―最後になりますが、松原のぶえさんにひと言お願いします。

のぶえちゃん、デビュー40周年おめでとう。この長い道のりの間には、いろいろなことがあったと思います。ですが、その経験があったからこそ松原のぶえの歌が生きてくると思います。これからも、戻ることのない人生を、焦らず前に進んで行ってください。そして聞いてくださる皆様に、喜んでもらえるような歌をしっかり歌い届けてください。皆様、松原のぶえをどうかよろしくお願いいたします。

(取材・文:嵯峨紀子)

リリース情報

サムネイル
シングル「みれん岬 / 女の明日」
徳間ジャパンコミュニケーションズ
7.4 On Sale
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る