メインビジュアル

純烈

【D-PUSH!インタビュー】魅惑のイントロやラテンの香りにもときめく、“純烈流”ポップな愛の誓い。今、波に乗る純烈と、新曲「プロポーズ」を作詞・作曲された幸 耕平先生にお話を伺いました。

純烈インタビュー

―新曲「プロポーズ」はノリが良く、今、波に乗る純烈にぴったりな作品ですね。

酒井一圭・・・前作で打ち出したのは、純烈の楽しく明るい部分。今回は格好良い部分を伝えて、聴く方の胸をキュンとさせます。作詞・作曲の幸 耕平先生が全力で指導してくれて、純烈の力を引き出してくれたことがとてもうれしく、それが楽曲の素晴らしさに反映されています。

 

白川裕二郎・・・歌詞の“いとしい女(ひと)よ やさしく眠れ”の“ね”の音は、僕が本来は歌わないようなキーです。幸先生に、苦しそうに歌うところが、“女性にはセクシーに聴こえて魅力的”とアドバイスをいただいて。最初は抵抗がありましたが、キャンペーンなどで歌うと、その通りに好評で、新たな魅力を引き出してもらいました。レコーディングでも幸先生は、マンツーマンで僕の歌を指導してくれました。

 

後上翔太・・・イントロはドラマが始まるような壮大な感じで、純烈がより大きな舞台で歌うのにふさわしい作品だと思います。でもコーラスやサビは、我々の“ホーム”であるスーパー銭湯で、お客さまも一緒に歌って楽しめるように作られています。幸先生は、純烈の勢いを加速するようにリードしてくれました。

 

友井雄亮・・・バックの演奏に、ゲーム音のような“プルルン”という音が入っている箇所もあります。ゲームで愛情に応じてハートがたまるように聴こえて、スゴイと思いました。また、イントロにはドキドキ感が、曲の最後には夢から覚めるような感じがあり、深い一曲です。

 

小田井涼平・・・今までの“みんなで盛り上がろう”という感じではなく、カラオケで特定の誰かに向けて歌えるような作品という点が、僕たちにもとても新鮮です。愛する人や大切な人を見つけて、この作品を歌ってくれるとうれしいです。

―タイトルの「プロポーズ」という言葉からは、何を連想しますか?

酒井一圭・・・友井くんには悪いけど、一生に一度だけ、ということ(笑)。

 

友井雄亮・・・バツイチの僕の場合、一度のはずでした(笑)。プロポーズの裏には“覚悟”がありますね。

 

後上翔太・・・僕は“恐怖”。意を決して「結婚してください」と言って、断られたら、たぶん倒れますから。

 

小田井涼平・・・以前モデルをしていた時、ブライダルショーなどに出たことです。プロポーズの場面で、相手の方に指輪をはめたりしました。

 

白川裕二郎・・・ドラマ『101回目のプロポーズ』で、武田鉄矢さんが「僕は死にません!」と叫ぶシーンです。

―今年の抱負をお聞かせください。

後上翔太・・・絶対に『NHK紅白歌合戦』への出場を決めて、ファンの皆さまに報告し、一緒に喜びたいです。

 

小田井涼平・・・自分たちで制作するライブを、昨年以上に力を入れてやれたら良いなと思います。

 

友井雄亮・・・この新曲が『NHK紅白歌合戦』への“覚悟”。個人的には温泉に行き、癒やされたいですね(笑)。

 

白川裕二郎・・・まず新曲の大ヒット。ここ数年、仕事を忙しくさせてもらっていますが、できれば母親を温泉旅行に連れて行ってあげたいです。

 

酒井一圭・・・万全の体調でスケジュールをこなし、「純烈、紅白出るでしょ」という状況に持ち込みたいです。だから今年は、さらに全力ダッシュ。僕が休むときは辞めるときで80代かな(笑)。歌い続ける北島三郎さんのスピリットも継承したいです。

幸 耕平先生インタビュー

幸 耕平先生

幸 耕平(みゆき こうへい)

大学時代からアマチュアバンドのボーカルをやりながら、キューバの音楽に魅せられ、パーカッショニストのラリー寿永氏に師事。昭和48年、ロックグループ「トランザム」に参加し、人気ドラマ『俺たちの旅』シリーズの音楽を担当。昭和54年に石野真子「ジュリーがライバル」で作曲家デビュー。主な作品に大月みやこ「乱れ花」、デュエット曲「今夜は離さない」、田川寿美「心化粧」、市川由紀乃「心かさねて」など。

―今回は作曲家である先生が、作詞も手掛けられていますね。

こういう作品は、ほとんどメロディーを先に作ります。その際、曲を作る僕が、適当な軽い詞も書くんですよ。それを作詞家がはずして違う物語を書きますが、レコード会社が僕の軽い詞を気に入ってくれて、そこから話が進みました。酒井くん以外は独身の純烈が“プロポーズ”と歌ったら女性は喜びそう、とは最初から考えていました。

―純烈とは初めてのお仕事ですね。印象はいかがでしたか?

みんな頑張り屋さんで、すごい好青年です。体がデカいのに、ダンスがうまく、リズム感が良い。メインボーカルの白川くんは、新曲を初めて歌う2日前ぐらいに、忙しい中、僕の事務所に来て3時間ほどレッスンしました。例えば“ゆびわをおくるよ プロポーズ”は「丸く柔らかく、本当にプロポーズしている気持ちで歌って」などと教えました。彼はすごい勉強家なので伸びるでしょう。レコーディング当日は、全員にコーラスを教えるだけで、6時間かかりましたね。5人それぞれに教えるから、大変でした(笑)。

―曲調は明るく華やかで、サビのラテンなリズムも小気味良いですね。

もともと僕はキューバのラテン音楽を勉強した“ラテン屋さん”ですから、こういうノリは得意。純烈が初めてこの新曲をイベントで歌った時、ネット上で“筒美京平さんみたいな曲”というコメントもあったそうです。筒美さんを大尊敬している僕には、最高のコメントです。カラオケで歌うときは、好きな人にプロポーズする気持ちで歌えば良いと思いますよ。「プロポーズ」と歌うところは音が高くて、声を張り上げられるようになっているので、一番気持ちを込めてもらえれば。

―この作品で、純烈の『NHK紅白歌合戦』出場がかなうと良いですね。

確かに“紅白”に行けるような歌をと依頼されましたが、そう言われてもね(笑)。これで押し切れると良いですが、先のことは分かりません。真にヒットするには、発売2~3カ月を過ぎてからが勝負。気を抜かず、頑張ってほしいですね。

(取材・文:大西千夏)

オフィシャルサイト

リリース情報

サムネイル
シングル「プロポーズ」
Aタイプ
日本クラウン
2018.2.14 On Sale
サムネイル
シングル「プロポーズ」
Bタイプ
日本クラウン
2018.2.14 On Sale
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る