メインビジュアル

UNCHAIN

結成22年!デビュー13年のベテランたちの新たなる挑戦が詰まった10thアルバム

カラオケ配信曲 ※10/14より「今だけクリップ」で歌えます

※YouTubeの動画はカラオケ映像とは異なる場合があります

インタビュー

―アルバム『LIBYAN GLASS』はどんな作品ですか?

谷川正憲(Vo./Gt.)・・・みんなの力で作り上げました。佐藤が4曲と詞を2曲、谷が詞を3曲、吉田が「Libyan Glass」の曲と詞を担うという、これほどバランス良く実力が発揮されたのは初めてで史上1番バンドマジックがかけられたアルバムだと思います。

佐藤将文(Gt./Cho.)・・・レコーディング中はいつにも増して高い集中力の中、4人で向き合えた気がします。今作は集大成というより、自分たちの未来に向けてのメッセージや決意の詰まった作品になったんじゃないかと思います。まだまだまだまだ挑戦者である自分たちの戦い方を制作中に発見できました。

―リード曲「Libyan Glass」にはどんな思いが込め られていますか?

吉田昇吾(Dr.)・・・UNCHAINを始めて22年、初めて曲を作りました。22年という長さの中で、熱量を維持することや、常に進化し続けることの難しさを感じるときがあります。今自分が曲を作ることはバンドに大きな変化をもたらすと思ったし、今だからこそ必要だと思いました。曲を生み出すメンバーの姿を見続けてきて、自分も少しずつ変わってきたのかもしれません。

―この曲をカラオケで歌う際のアドバイスを!また、 カラオケにまつわるエピソードはありますか?

谷川・・・難易度Sランクの曲ですが、これが歌えたらもう敵なしなのでは?キーが高いところも早口のところも、リラックスして力を抜いて歌ってみてください!

佐藤・・・高校のころから、谷川の歌がうますぎて歌う気が失せるので、ワシはハモリ担当に。谷はずっと布袋寅泰さんの曲でマイクを持たず三点倒立をしてました。吉田は意外と歌がうまいという噂でしたが、「Libyan Glass」のデモで初めて検証できました。

―読者へのメッセージをお願いします。

谷 浩彰(Ba./Cho.)・・・全国のみんなと音楽でつながれるのを、とても楽しみにしています。22年目のバンドにしか出せない音を出したいと思います。

リリース情報

サムネイル
アルバム『LIBYAN GLASS』
日本クラウン
Now On Sale
オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る