メインビジュアル

WOMCADOLE

滋賀発関西から全国にかけて活動するWOMCADOLE。
樋口侑希(Vo./Gt.)、古澤徳之(Gt./Cho.)、黒野滉大(Ba.)、安田吉希(Dr./Cho.)の4名からなる4ピースロックバンドだ。11月28日に新曲の「ライター」をリリース。その力強いメッセージと疾走するサウンドは要注目だ。彼らにバンドとしての魅力と新曲に込めた思いを聞いた。

今だけクリップ

インタビュー

―11月28日にリリースされた新曲の「ライター」 は、疾走感にあふれたサウンドと力強いボーカルを生かしたロック・チューンですね。

樋口侑希・・・3月の1stフルアルバム『今宵零時、その方角へ』ツアー「己の心に吠えろよ」ツアーで満足しなかった部分が多々あって、ツアーが終わった後に、そういったことを歌にしたいと思って形にしたのが「ライター」です。自分の内面をそのまま反映させることで、「ライター」は自分を救ってくれた曲になりました。

―「ライター」のカップリングは、ハードネスと陰りを融合させた「追想」と、切ないスロー・チューンの 「ノスタルジックアパート」という2曲。

樋口侑希・・・イメージカラーでいうと、「追想」はドロドロした赤…それこそ血のように、ねっとりと熱い赤です。「ノスタルジックアパート」は、黄ばんだ壁みたいな色ですね。「ノスタルジックアパート」は、聴くとタバコの匂いが香ってくるものになっているし、夕方のちょっとひんやりした温度とかも表現できた。そういうところで、また一つ新しいところに行けたことを感じています。「追想」の歌詞は、口先だけのうそくさい愛を描きました。愛しているんじゃなくて、愛されたいだけという。

―カップリングも注目です。ではカラオケについて聞かせてください。皆さんカラオケには行かれますか?

古澤徳之・・・行きます。昔、僕と樋口が使っていたリハスタが、カラオケ店と一緒になっていたんですよ。それで、スタジオに入った後メンバーみんなでカラオケに行って、Sum 41を歌っていました。Simple Plan、RADWIMPSさん、それにBEAT CRUSADERSさんを歌っていましたね。当時はBEAT CRUSADERSさんが大好きだったし、歌いやすかったから、もう一生BEAT CRUSADERSさんを歌うか、調子に乗ってJohn Lennonを歌ったりとか(笑)。昔から今に至るまで、カラオケで歌うのは、その辺の曲です。

安田吉希・・・僕は、現役のカラオケ店員なんです。だから、普通に清掃しながらDAM CHANNELを見たりしています(笑)。カラオケで歌うのは、シラフのときはBUMP OF CHICKENさんやcinema staffさん。声があまり高過ぎないアーティストで、なおかつバンドの曲を歌います。友達と一緒にお酒を飲んだりしながらカラオケに行ったときは、X JAPANさんやB'zさんですね。

一同・・・ええッ!?マジか?

安田吉希・・・いや、絶対に歌えないんだよ(笑)。歌えないのに、無理やり原曲キーで歌うという(笑)。要は景気づけというか、酔った勢いで無理やり歌って、爆死して、それが大ウケするという(笑)。そんなふうに、僕は純粋に歌うことを楽しむのと、みんなで盛り上がるという2パターンで、カラオケをエンジョイしています。

黒野滉大・・・僕は、メチャクチャ歌がヘタなんです。だから自発的にカラオケに行くことはないけど、友達とかと行く機会があって。そういうときは盛り上がる曲…氣志團さんの「One Night Carnival」とか、BIGBANGさんの「FANTASTIC BABY」とか、2700さんの「右ひじ左ひじ交互に見て」とかを、メッチャ歌います(笑)。

一同・・・2700さんって(笑)。

黒野滉大・・・自分が歌いたいというよりは、場を温めるための一環という(笑)。だから、みんなでカラオケに行くのは好きです。それに、僕も以前カラオケ店でバイトをしていて、休憩時間とかは自由に歌って良かったんですよ。そういうときは、UVERworldさんを歌っていました。僕は、UVERworldさんが胸が苦しくなるくらい好きなんです。まぁ、歌えないんですけど(笑)。でも、めっちゃヘタやけど、周りを気にしないで思い切り歌うのは、やっぱり気持ちいいですよね。

樋口侑希・・・僕はカラオケはよく行きます。カラオケに行ったときはTHE BLUE HEARTSさんを歌いますね。あとは、Green Dayとかも歌うし、Mr.Childrenさんも歌う。僕はとにかく歌うことが楽しいので、盛り上げようとかいうことよりも普通に歌うことを楽しみます。で、“ここぞ!”というときに「365日」を歌って、決める。そうすると、これが女の子に、抜群に効くんです(笑)。             

(取材・文:村上孝之)

WOMCADOLEをもっと知るインタビュー前編はBARKSサイトで。

  • WOMCADOLEが詳しく語るインタビューはBARKSで!

リリース情報

サムネイル
シングル「ライター」
UNCROWN RECORDS
Now On Sale
オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る