メインビジュアル

マキシマム ザ ホルモン

  • maximum the hormone Ⅱ
  • 拝啓VAP殿

※動画はカラオケ映像とは異なる場合があります

メインビジュアル

Profile

マキシマム ザ ホルモン

1998年八王子にて結成。日本語を独自の語感表現で操り、意味不明に見えて実は奥深いメッセージ性を持つ強烈な歌詞と、激しいラウドロックにPOPなメロディを融合させたサウンドスタイルが特徴で、マキシマムザ亮君 (歌と6弦と弟)、ダイスケはん (キャーキャーうるさい方)、上ちゃん (4弦)、ナヲ (ドラムと女声と姉)の4人からなるロックバンド。

2007年発売のアルバム「ぶっ生き返す」は累計40万枚超えのセールスを記録。

2008年発売の3枚組DVD「Deco Vs Deco〜デコ対デコ〜」はオリコン音楽DVDチャート1位を獲得し、音楽DVDとしては異例の15万枚を超えるセールスを叩き出す。国内の大型FESへ精力的に出演するばかりでなく、初の単独EURO TOUR(フランス、ドイツ、スペイン)では全公演をSOLD OUTさせるなど海外からも高い評価を得る。

2013年に発売した6年ぶりの5thフルアルバム「予襲復讐」がオリコンアルバムチャート3週連続1位を獲得。現在までに35万枚を超えるセールスを記録し2013年度タワーレコード邦楽年間ベストセラー1位、「第6回CDショップ大賞2014」の“大賞”に選ばれる。

2014年夏は国内大型FESへ多数出演し、アメリカで行われたSLIPKNOT主催のKNOTFEST USAへの出演、N.Yでの単独公演が大成功をおさめた。

2015年、ドラゴンボールの原作者鳥山明先生がホルモンの楽曲「F」を聴きインスパイアされて出来上がった映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の劇中バトルソングとして「F」が起用される。

同年11月にDVD3枚+Blu-ray1枚+CD1枚の驚異の3規格5枚組でリリースした映像作品「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」はオリコン音楽DVD週間ランキングで1位、映画も含めた映像のDVD総合週間ランキングでも1位の2冠を達成し、

2016年2月に行われた「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」では最も優れた映像作品に贈られる“BEST CONTENTS CREATION”賞、「第8回CDショップ大賞2016」の“ライブ作品賞”、ジャケットイラストは「米国イラストレーター協会」の“2015年シルバーメダル”を受賞した。

また、DVDに同梱されているCD「耳噛じる 真打」収録の『アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>』と『ジョニー鉄パイプIII』2曲が、漫☆画太郎先生原作のギャグ漫画“珍遊記”の松山ケンイチ主演実写化2016年2月公開映画の劇中バトルソングとして使用された。

2015年6月よりライブ一時休止。ナヲの妊活、出産を経て、2017年5月に約2年ぶりの復活を果たした。

国内の大型FESの他、バンド史上初のブラジル、チリ2000人規模の単独公演をSOLD OUT。さらに唯一の日本人バンドとしてKNOTFEST MEXICOのメインステージに出演した。

2018年9月にダイスケはんの重度の頸椎椎間板ヘルニアが判明し、ライブ活動の一時休止を発表。現在は手術が成功し、ライブ活動再開に向けてリハビリ中である。

2018年11月、漫画+CDの書籍として発刊された新作“これからの麺カタコッテリの話をしよう”は、漫画の内容や楽曲だけではなく特典等も話題を集め、ロックバンド史上初の快挙となるオリコン週間BOOKランキングのコミック・エッセイジャンルで3週連続1位を獲得した。

リリース情報

サムネイル
「これからの麺カタコッテリの話をしよう」
ワーナーミュージック・ジャパン
(CD+コミック):00W9-11413/2,292(痛風苦痛)円+税
Now On Sale
オフィシャルサイト

DAM★とも連動キャンペーン

マキシマム ザ ホルモンの曲を歌って賞品をゲット!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る