メインビジュアル

READY TO KISS

“キスで世界を埋め尽くす”をキャッチフレーズに活動しているREADY TO KISSの新曲が完成。「成増になります」「タイに行きタイ」に続く今回のタイトルは「伊達だって」ということで、恒例になりつつある(!?)ダジャレシリーズの第3弾でもある。独自の路線を突き進む彼女たちに、新曲のポイントやカラオケにまつわる話を聞いてみた。

カラオケ配信曲  ※3/10より「今だけクリップ(期間限定映像)」で歌えます

インタビュー

―「成増になります」「タイに行きタイ」に続く新曲「伊達だって」が完成しましたね!

清川麗奈…メンバーのみんなは“またダジャレなんじゃないか”って覚悟してたみたいだけど、私は全然覚悟できていなかったから、タイトルを聞いたときは正直腰が抜けました(笑)。

―でも歌詞を読んでいくと、かなり切なくてキュンとしちゃう内容になっていますね。このギャップが素敵だなと思いました。

上原歩子…懐かしい気持ちになれる歌詞なので、卒業式シーズンにもぴったりな1曲になってるんじゃないかな。

―カラオケでもぜひ歌ってほしいですね。

上原歩子…“Oh 卒業式の前日に”って後追いする部分なんかは、みんなで歌ったら盛り上がると思います。

牧野広実…“Oh”のところで、みんなにマイク向けたりしてね。

春川桃菜…タンバリンを使ってもいいと思いますよ。“la la la”ってみんなで声を合わせるところなんかも。

―全員参加で盛り上がれそうですね。皆さん、カラオケにはよく行きますか?

上原歩子…わざわざ行くことはないけど、ちょっと時間が空いたりしたときに行きます。ボカロが好きなので結構歌いますね。

―例えばこの曲は絶対に歌うとか、キーは変えないとか、カラオケのマイルールってありますか?

春川桃菜…「君が代」を絶対に歌います。中学生のころ、「君が代」を入れたら“なんか、めっちゃ元気出るね!”ってなったんです。でもめちゃくちゃ難しいんです。

佐々木美帆…私は、飲み放題のマイルールがあります(笑)。メロンソーダにアイスを入れて飲むんです。

千葉咲乃…店員さんが来ると恥ずかしいんですよね。友達と行ったときは“一緒に立って歌おうね”って決めてるんだけど、ドアが開いた瞬間に何事もなかったかのように座っちゃう (笑)。

―ちなみにどんな曲を歌ってるんですか?

千葉咲乃…湘南乃風さんとか…。

(一同ざわめく)

―ものすごく意外な選曲!やっぱりタオル回すんですか!?

千葉咲乃…それはないです…。

天羽希純…私は、あまりカラオケに行かないんですよ。友達がいないから(笑)。でも、大勢で行って盛り上がる曲を歌ったり、ハモったりできたら楽しいだろうなって思います。

牧野広実…私も空き時間ができたらたまに行って、好きなもの飲んだり、気が向いたら歌ったりしています。外から見えにくい場所でゴロゴロするのがマイルールかも(笑)。

―カラオケの楽しみ方もそれぞれですね。READY TO KISSの曲でオススメは?

清川麗奈…やっぱり「タイに行きタイ」は歌ってて楽しいと思う。

上原歩子…そうだね。あと、新曲の「伊達だって」もこれまでのレディキスの楽曲とは違った雰囲気を感じてもらえると思うので、ぜひ歌ってみてほしいです。   

(取材・文:山田邦子)

READY TO KISSをもっと知るインタビュー前編はBARKSサイトで。

  • READY TO KISSが詳しく語るインタビューはBARKSで!

リリース情報

サムネイル
シングル「伊達だって」
KING RECORDS
3.6 On Sale
オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る