メインビジュアル

BAND-MAIKO

“世界征服”に向かって加速中のBAND-MAIDのアナザープロジェクト、BAND-MAIKOが本格始動!“舞妓×ハードロック”がコンセプトのメジャー1stミニアルバム『BAND-MAIKO』を4月3日にリリースする。今回はBAND-MAIKOとして初のオリジナル曲「祇園町」を制作。華麗な振袖姿と和楽器を取り入れたサウンド、艶っぽい京ことばで世界中のファンを悩殺しそうな勢いだ。

今だけクリップ(期間限定映像)

インタビュー

―ついに今年はBAND-MAIKOが本格始動しますね。

鳩子(Gt./Vo.)…はい。昨年はエイプリルフール企画だったんですが、今年は“じゃあ、アルバムを作りましょうっぽ”って。

―オリジナル曲「祗園町」も生まれちゃいました。どんな曲ですか?

鳩子…歌詞は舞妓さん独特の言葉遣いや名称を織り交ぜられたらいいなと思って、舞妓色を強く押し出して書きましたっぽ。

富士姫(Vo.)…他の曲に比べて舞妓さんに寄り添っている歌詞で、BAND-MAIKOにしかできない“はんなり感”があるのであまり強く歌わないようにしましたね。

叶笑(Gt.)…アレンジにはすごく時間をかけました。琴や尺八の音をエンジニアさんに相談して、勉強になりましたね。

梅美沙(Ba.)…「祗園町」はアップテンポで強い曲調なので、ベースのフレーズは舞妓色とかは意識せずに作りました。

紅月(Dr.)…2ビートの曲です。今回ツインペダルも使ったんですけど、お祭り感をシンバルで表したのが新鮮で面白かったですね。

―皆さんで一緒にカラオケへ行ったりしますか?

全員…行きます!

鳩子…BAND-MAIDでいうところの彩姫さんのバースデー会をメンバーと催しまして、2次会でカラオケに行きましたっぽ。

富士姫…梅美沙はBAND-MAIDの曲、歌うよね。それで、私が“そこ違うよ”って指摘するみたいな(笑)。

鳩子…紅月は、BAND-MAIDの小鳩のマネとかするんですっぽ。

紅月…ちゃんとツインテールにして歌います(笑)。

富士姫…紅月は、最初はカラオケになかなか一緒に行ってくれなくて、しかも行っても全く歌ってくれなかった。でも、今ではひとりカラオケで12時間とか歌ってる。

―そのうちドラム台から下りて歌い出すかも?叶笑さんは?

叶笑…私は家族と一緒にカラオケに行きますね。みんなでBAND-MAIDの「Daydreaming」とかを歌います。

富士姫…私は安室奈美恵さんのライブ映像を流して踊り狂います(笑)。“やっぱり、いいなぁ”って。

鳩子…私は演歌を歌うように言われるので、よく歌いますっぽ。

富士姫…“コブシが足りない”って言うと、コブシをめちゃくちゃ回してくれます(笑)。

鳩子…初めて覚えた曲が天童よしみさんの「珍島物語」なんですっぽ。富士姫のお母さんと一緒に歌ったりとか。

富士姫…お母さんと肩組んで歌ってます(笑)。

鳩子…あとは石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」も歌いますっぽ。

―楽しそうですね。梅美沙さんは?

梅美沙…スピッツさんの「涙がキラリ☆」。

富士姫…“これ聴いて!”って、3回ぐらい歌うんですよ。

紅月…記憶がないから、何度も歌うんですよ(笑)。

梅美沙…ツアーの打ち上げが終わった後に3人(富士姫、紅月、梅美沙)で一緒に行って、朝4時まで歌っていました(笑)。   

(取材・文:山本弘子)

BAND-MAIKOをもっと知るインタビュー前編はBARKSサイトで。

  • BAND-MAIKOが詳しく語るインタビューはBARKSで!

リリース情報

サムネイル
ミニアルバム『BAND-MAIKO』
完全生産限定盤
日本クラウン
4.3 On Sale
サムネイル
ミニアルバム『BAND-MAIKO』
通常盤
日本クラウン
4.3 On Sale
オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る