メインビジュアル

Street Story

声優の沢城千春(Vo./Gt.)を中心に、SEPTALUCKのfin(Vo/Gt.)、メメタァのサンライズ太陽(Dr.)、ELLEGARDEN、MAYKIDZの高田雄一(Ba.)という凄腕がそろったロックバンド、その名はStreet Story。バンドを代表して、沢城さんとfinさんのお2人に話を聴いた。
デビューシングル「もっと明日へ」から始まる奇跡のストーリーに注目せよ!

今だけクリップ(期間限定映像)

インタビュー

―結成のきっかけは?

沢城千春・・・僕がニコニコ生放送で自分の番組を始めてギターの弾き語りをやっていたときに、とある飲み会で出会ったfinさんと意気投合して、“一緒に番組やりましょう!”ということになったのが始まりです。それからだんだん“バンドやりたいね”ということになってきて、高校の同級生だったサンライズ太陽くんにドラムが決まったんですよ。で、ベースは縁があって高田雄一さんがやってくれるとこになりました。僕にとっては完全にスターなんですけど、本当に来てくれて、かれこれ4年ぐらい一緒にやらせてもらっています。

fin・・・最近はYouTubeに引っ越したんですけど、月イチの生配信でカバーを1曲演奏するみたいな、緩ーい感じでやってきました。

―声優とバンドでは、やっぱり表現方法が違います?

沢城千春・・・バンドの方がより自分を出しやすいですね。自分たちが作りたい曲を作って、歌いたいように歌って、表現したいように表現できるので、このバンドには自分のやりたいことのすべてが詰まっていると言っても過言ではないと思います。

―デビューシングル「もっと明日へ」はどんな曲です か。

沢城千春・・・これが僕たちの一番出したい色を持った曲ですね。基本は「もっと明日へ」みたいな明るい感じで攻めていきたいです。でも歌詞に関しては、結構リアルなことを書いているんですよ。声優業をやっていると、周りには天才たちが山ほどいて、“俺ってなんてダメなんだろう”って毎日思うんですけど、それにも負けないでどんどん進んでいくんだという気持ちを書いています。

fin・・・これからは音楽的にも、いろいろ幅のある曲をどんどん作っていけたらいいなと思いますね。

―近未来の夢、目標は?

fin・・・ロックのイベントにも胸を張って出られる状況にしたいですね。ロックバンドをやる以上は、そこに早く持っていきたい。

沢城千春・・・僕らのことを全然知らない人たちの中でライブをやって、それでも“いいね!”って言っていただけるようになるのが目標かな。

―そんなお2人の、カラオケのエピソードを教えてください。

沢城千春・・・最近は、仕事の合間に歌いに行ったりします。カラオケルームは自分の空間だから、声優のセリフの練習をしたり、仮眠を取ったり、ご飯を食べたり、そういう使い方をさせてもらっています。また、自分が歌ったものを聴いたり、遊びというよりは練習で使わせていただいています。

fin・・・僕は90年代が大好きなので、ビーイング系の曲かアニソンばっかり歌っています。『聖闘士星矢』の主題歌が大好きで、毎回入れます。みんなは初期の「ペガサス幻想」を聴くのですが、僕はその後の「聖闘士神話~ソルジャー・ドリーム~」という曲が大好きで。歌うんですけど、みんな知らないんですよ(笑)。

―Street Storyの曲もカラオケに入ります。

沢城千春・・・練習しに行きますよ。今まではアコースティックギターを持って行って練習してたんですけど、カラオケに入ったら、持って行かなくて済むのがうれしいです(笑)。

fin・・・僕らの曲はツインボーカルなので、2人で歌うと盛り上がると思います。

沢城千春・・・やっぱり、歌詞のところがクローバーとハートとかになるんですかね?

fin・・・俺のパートがハート?それは違うでしょ!(笑)

(取材・文:宮本英夫)

リリース情報

サムネイル
シングル 「もっと明日へ」
RAINBOW SEVEN RECORDS
Now On Sale

Street Story をもっと知るインタビュー前編はBARKSサイトで。

  • Street Story が詳しく語るインタビューはBARKSで!
オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る