メインビジュアル

城之内早苗

歌の表現をいっそう細やかに磨き“新たな自分”を見いだす

女心の未練を、親しみやすいメロディーに乗せて歌う新曲「恋待ち夜雨」をリリースした城之内早苗と、本作が初顔合わせとなった作曲家・聖川 湧先生にそれぞれお話を伺いました。

本人映像

※動画はカラオケ映像とは異なる場合があります

城之内早苗インタビュー

―新曲「恋待ち夜雨」は、どんな点が魅力だと感じましたか?

新鮮だったのは、冒頭の楽器の音が爽やかなイントロです。すごく気持ちを乗せてくれる、好きな音のタッチで“編曲の蔦 将包先生、やってくださいました!”という感じ(笑)。恋への未練を、止みそうで止まない雨に例えている歌詞も絶妙だな、と思います。

―聖川 湧先生が、“アイドルご出身だから”と書かれた軽やかなメロディーもピッタリな印象です。

この人にはこういうものを、と考えていただけるのは歌い手にとってすごくうれしいことです。作品がより大切に、好きになります。多くのヒット曲を手掛けられた聖川先生とは今回が初めてで、“どんな先生かな”と、新人のような気持ちでいました。でも、すごく優しい方で。歌いながら教えてくださるので分かりやすいですし、例えば“お酒人肌 温(あたた)めて”の部分も、女性の感覚でいくと軽いタッチになりがちですが、“しっかり歌うと色っぽい”などと一行一行、細かく教わった感じです。先生の歌い方でうたうと、違う自分を発見できて、先生に手を引っ張ってもらい、ステップを一つ上がれたと思います。

―聴いていて、とても心地よい歌声だと思いました。

良かったです!どんな作品でも、リズム通りに歌うことと、描く世界が伝わるよう、歌詞をきちんと発音するという基本に一番、心をとめて歌っています。今回は割と基本に忠実でしたが、いつもリズム通りに歌えばいいというものでもなくて。歌詞のニュアンスを出すべきところもあって、その部分と崩してはいけない部分とのバランスが歌の難しさです。曲のリズム通りに歌うと、聴く方にも気持ちよくノッてもらえますしね。

―多忙なお仕事と結婚生活を、しっかり両立されていますね。聖川先生も感心されていました。

そうなんですか?(笑)両立しようと、特に頑張っている訳ではないです。仕事と家の行き来で気持ちの切り替えができますし、この両方に助けられています。若いころと違うのは、少しでも長く外にいたいと思うこと。基本が夫婦2人の時間なので、独りの時間が貴重になりました。

―この新曲が令和になっての第1弾です。歌手として新しい時代に思うことは?

昭和にデビューして平成を越えて令和…と、すごい“頑張ってる感”!?かな(笑)。でも今もこうしていられるのはとても恵まれていますし、令和には演歌の情景や舞台も、時代に合わせたものになるだろうと思います。令和なりの演歌をいただいても、歌いこなせるような歌手でありたいですし、昭和の世界観も大事にし、多様な作品を歌い継いでいければ幸せです。

[Profile]

1985年、おニャン子クラブの一員としてデビュー。翌年「あじさい橋」でソロデビュー。おニャン子クラブ解散後、本格的に演歌の道に進み、「松山しぐれ」「おちょこ鶴」などヒット作多数。ラジオMCとしても活躍中。『三国志』やミリタリー小説を愛する読書好きでもある。

作曲家・聖川 湧先生インタビュー

―今回、初めて会った城之内早苗の印象はいかがでしたか?

作曲家の知人が“とてもステキな人”と言っていたのを、レコーディングでお会いして思い出し、“なるほど”と(笑)。アイドルだった10代の頃から、第一線で活躍してきたオーラがありますね。ボク的にはかぐや姫というか、天女が舞い降りてきたような感じがありました。若々しくて妖艶さがありつつも、実際は割とさっぱりとしていて、親しみを感じさせる方ですね。

―「恋待ち夜雨」は、どんな背景から生まれましたか?

ここ20年ほど、演歌界では声を張り上げ、“これぞプロ”と訴えかけるような歌い方が主流です。だから、そろそろ鼻歌でもうたえるような、サラッとした歌を届ける方がいいかな、と思っていました。それで今回、久々に“軽演歌”という、いわば料理を作りながらでも口ずさめるようなものを書きました。城之内さんはリズム感と発声の良さを重視するポップス出身。その2つの良い面と天性のこぶしをお持ちなので、“軽演歌”に向くのでは、と考えました。

―歌いやすく、爽やかな雰囲気もあるメロディーですよね。

“軽演歌”は、音程もあって10度くらい。歌詞も日常でふと感じる喜怒哀楽というか、恋でも“苦”としてではなく、“ちょっと気にしている”程度に、誰もが共感できる感じで描くイメージ。そもそも、大人の恋はのめり込むと生活がガタガタになるだろうから、大人のラブソングはどこか爽やかなはずです。そんな軽やかさを、ポップス出身である城之内さんならサラリと出せますよね。

―カラオケで歌う際のポイントを教えていただけますか?

1行目の“雨が止みそで”の、“止み”はリズムにアクセントを付けて強調しています。ここでリズムに乗り、少し強めに歌ってもらえれば、歌う気持ちに弾みも付いていいですね。城之内さんと同世代の方が、喉に優しく歌える作品としてとらえて、支持していただけたらうれしいです。城之内さんは大衆の共感を呼ぶキャラクターだと思いますし、“軽演歌”のトップランナーとして、ぜひ演歌ファンを引っ張っていってほしいです。

(取材・文:大西千夏)

聖川 湧 先生[Profile]

聖川 湧先生

聖川 湧(ひじりかわ ゆう)

1944年富山県生まれ。’63年に上京し音楽活動を行う。’66年にスカウトされ、ビクターより「赤いエレキ」で歌手デビュー。’71年に野路由紀子の「私が生まれて育ったところ」で作曲家として初めて曲を提供する。三笠優子の「夫婦舟」がヒットし、そのほか香西かおり「雨酒場」、川中美幸「宵待しぐれ」、成世昌平「はぐれコキリコ」など多数のヒット曲を手掛けている。

リリース情報

サムネイル
シングル 「恋待ち夜雨」
徳間ジャパンコミュニケーションズ
Now On Sale
城之内早苗オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る