メインビジュアル

松前ひろ子

すべてを共に分かち合い、寄り添う二人を描く夫婦演歌の決定版

インタビュー

デビュー50周年を迎え、なお新たな挑戦を続けている松前ひろ子と、師匠であり、作家・原 譲二として「夫婦鶴」を作詞・作曲された北島三郎先生にそれぞれお話を伺いました。

―デビュー50周年にして、初の原 譲二先生書き下ろし作品ですね。

私にとっても「まさかのまさか」、書いていただけるとは思っていませんでした。いろいろな番組でご一緒するたびに“私にも書いてよ”と話してきましたが、私の作品はずっと主人(作曲家・中村典正氏)が書いていたので、遠慮されていたのかもしれません。今回“分かった、50周年のお祝いにやろうか”の言葉は、本当にうれしい驚きでした。しかも、当初は曲だけの予定でしたが、“詞も書いたから”と、50周年を祝ってやろうという先生の愛情が込められた作品です。

―長年連れ添った夫婦の物語ですね。

“お前たち夫婦を書いたからな”と渡されました。原先生は、私が歌手になるきっかけをつくっただけでなく、私たち夫婦の縁結びの神様。それだけに「夫婦鶴」は意味深で、私たち夫婦の道のりを知り尽くしている先生が“二人でよく頑張ってきたな”と作品で語りかけてくれているような…。歌詞を覚えようと車の中で歌い始めると、なぜか涙が出てきます。私たち夫婦の物語であると同時に、苦労を共にした夫婦であれば誰にも通じる夫婦演歌だと感じます。たとえ、あなたがどこに行こうと、あなたのそばへ鶴になって飛んで行きます、そんな幸せな鶴を演じたいと思っています。

―歌ってみての手応えは?

最初に先生から“男歌になっちゃったかな”と言われましたが、“私らしく歌うから大丈夫”と納得して作品に向かえました。先生から注意やアドバイスがあれば、私はすぐに直せます。収録に立ち会った北島事務所の方々がびっくりされていましたが。…だって、私、弟子ですから(笑)。和やかな雰囲気の中、あっという間に吹き込みが終わりました。完成した音源を届けた際には、3番まで聴いてくれて“いいなぁ、この歌”と…。顔を合わせるたびに、“絶対売れる!自信作だから”と言われ、もう売るしかないんです(笑)。私が経営するライブレストランで、お客様に初披露したとき、1コーラス目ですごい拍手が。“やはり、北島三郎さんの詞ですね”“これなら男性も歌える”とたくさんのエールを頂きました。

―今後の抱負は?

気が付けば50年、今は笑顔で言えますが、何度も何度もやめたいと思ったことも、涙を流したこともありました。言葉では言い尽くせない、演歌の世界の苦労を地で行ったところもあります。でも、いい加減な人生でなく、常に真面目に一生懸命に生きてきた人生。その節目の年に、思い掛けないことが重なり、念願だったライブ感覚の歌謡番組がスタートし、三山ひろし君と一緒に全国10カ所コンサートツアーも進行中です。お客様にもスタッフにも喜んでほしい、笑顔でいてほしい、と歩いてきたこの50年同様に、51年目も松前ひろ子は生真面目に頑張っていきます。

(取材・文:長谷部倫子)

[Profile]

北海道上磯郡知内町生まれ。いとこである北島三郎氏の内弟子として修業後、1969年にデビュー。交通事故で歌手生命を一時断たれるも、8年後に見事再デビューを果たす。「祝いしぐれ」「夫婦草」「花街一代」ほかヒット作多数。夫は作曲家・中村典正氏。2019年8月より『あさうたワイド』(BS日テレ)に出演中。

作詞家・作曲家 原 譲二先生 インタビュー

―松前ひろ子に楽曲を提供されるのは初めてだそうですね。

そうなんです。ずっと、作曲家の旦那がいるんだからと断っていたし、自分の本業は歌手“北島三郎”で作曲家じゃないからと(笑)。でも今回は、50周年の記念のものだからぜひにと頼まれまして。じゃあテーマはどうするかと考えて、夫婦ものがいいなと。夫婦ってこんなものじゃないかという詞を作ったんです。長いこと一緒にいると、夫婦道もずっと真っすぐにとはなかなかいきません。いろいろなことを乗り越えて、こうあるべきかなと思う姿を歌にしました。

―デビューのきっかけも結婚の縁結びも原先生だそうですね。

彼女が歌手になりたいと言って上京したときは、“そんな簡単じゃないぞ”と諭しましたが、どうしても歌いたいんだと言うんですね。いとこですし、やっぱり血なのかなと思いました(笑)。デビューしてある程度経ったところで、“そろそろ嫁にいった方がいいんじゃない?”と言ったんです。厳しい道ですから、女性としての幸せを考えてほしいと思いまして、作曲家の中村典正君を紹介しました。ところが、結婚しても家庭におさまるどころか歌を全然やめない(笑)。そして結局50年も続けてきた頑張り屋さんでしたね。

―今作はプロデュースもされています。収録はいかがでしたか?

プロデュースというほどではないですが、自分も含めデビューのころのようにはいかないので、これまで積み重ねてきた技を生かして、今の声で一番良さが出るように録ったつもりです。後で聴いてみると、いい声だな、夫婦の絆が出ていていい歌だな、と私も思いましたよ。

―最後に、松前ひろ子へのメッセージをお願いします。

いとこだし、(歌手としての)芸名も付けたし、先日旅立った旦那も大事な歌仲間でした。寂しいだろうが負けずに残りの歌手人生を頑張ってほしいなという気持ちです。今が一番いい歌をうたっているという自信を持ってうたってほしい。歌い手にとっては歌心・歌魂が一番大事でね、お客さんへ気持ちを込めて魂を放れば“いいね、いい歌だね”と言ってもらえると思っています。

(取材・文:嵯峨紀子)

北島三郎(原 譲二)先生

[Profile]北島三郎(原 譲二)

1936年生まれ。高校を卒業と同時に歌手を目指して上京。渋谷で流しをしていたとき、師匠の船村 徹氏と出会う。’62年6月デビュー以後「なみだ船」「兄弟仁義」「函館の女」「北の漁場」「風雪ながれ旅」等ヒット曲多数。また、ペンネーム原 譲二として自らが歌唱した「まつり」「山」「橋」、島津亜矢「大器晩成」、藤 あや子「夕霧岬」他多数を世に送り出す。NHK『紅白歌合戦』通算50回出演。『北島三郎座長公演』通算4578回。2016年旭日小授章を受章し、今もなお演歌界第一線で活躍中。

リリース情報

サムネイル
シングル 「夫婦鶴」
徳間ジャパンコミュニケーションズ
Now On Sale
松前ひろ子オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM Ai コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る