メインビジュアル

マカロニえんぴつ

メンバーの全員が音大出身という実力派の次世代ロックバンド“マカロニえんぴつ”。ちょっとユニークなバンド名とは裏腹な、熱いバンドサウンドとエモーショナルなボーカルで、若い世代の心をわしづかみにしている。全メンバー作曲の楽曲が収録された作品はバンド史上初!初の全国ツアーは、追加公演も含めてソールドアウト!そんな勢いに乗った彼らの楽曲は要チェックだ。

インタビュー

―今年2枚目のミニアルバムはどんな内容ですか?

はっとり(Vo./Gt.)・・・4人全員の曲が入ってるから“4”という数字を前面に出したくて四季=『season』にしたのと、シーズンには“旬”という意味もあるんですよね。最近、(僕たちが)旬と言われる機会が増えて。旬になった途端にいつか腐るときが来るんじゃないかと思うし、旬になって取り上げられるのは喜ばしいことだけど、僕らが目指している方向はリスナーの心の逃げ場所になること。僕らの曲に頼ってくれたときに、いつ、どのアルバムで出合っても、その人が必要としてくれた瞬間がその人にとっての旬であれば全然構わないと思ったんですね。僕らは聴く人のそばに寄り添う温度感でやっていて、“あなたの旬でいたいです”という思いが強まったタイミングでのリリースなので、『season』というタイトルをつけました。

―CMソング「青春と一瞬」も収録されていますね。

はっとり・・・CMのテーマが高校生向けで、“青春時代に響くような内容”だったから書きやすかったですね。幾つになっても人間は悩み苦しむものだと思うし、それに自分の中で答えを出したのが「青春と一瞬」。1曲目の「ヤングアダルト」は「青春と一瞬」から派生したような歌詞で、絶望を俯瞰(ふかん)するのではなく“やって来たな。ハロー、絶望”って受け入れちゃえばいいんじゃないかなと。それで悩む人の気持ちをちょっと楽にさせてあげられる歌になればいいと思います。

―明るいロックンロールの「恋のマジカルミステリー」は田辺さんの作曲。

田辺由明(Gt./Cho.)・・・僕の曲が入るのは今回が初めてなんですけど、僕自身、80’sのハードロックが好きで、どうしてもそういうフレーズになるんですよね。だったら80’sぽい音色やフレージングで振り切ろうということになって、サビの鍵盤のアルペジエーターとか、今こんなことやる若手バンドは絶対いないでしょうと(笑)。古臭いものをマカロニえんぴつなりにうまく消化できた曲なのかなと思っています。

―「二人ぼっちの夜」の作曲は高野さん。

高野賢也(Ba./Cho.)・・・仮の曲名は「水槽」で、世界は広いけど魚たちにとっての世界は水槽の中だけで、争うのも仲直りするのもその中の出来事だというイメージ。それを人間に置き換えると、会社とか学校とか、自分が関わる友人や上司はほんの小さなスペースだけ。そのバチバチした感じを出したくて、ギターをゆがませて鍵盤はシロタマ(全音符)で、アレンジを詰める時間もそんなに掛かりませんでした。

―妖しくてスローな「TREND」は長谷川さん。

長谷川大喜(Key./Cho.)・・・そもそも僕のテーマとして、他の3人が作らないような曲を作りたいと思っているので、僕なりに“歌いづらさ”を求めていたところがあるんですね。Aメロやコードの和音の中にない音を引っ張ってきてるから普通の人には歌いづらいんですよ。でも僕らは音大出身だし、あえて見せつけてやろうと(笑)。2番の頭は遊ぼうということになり、スタジオのありとあらゆるものを使って、鉛筆削りのザーッていう音やペットボトルの水をこぼす音とか、そういう遊びも楽しかったです。

―カラオケの思い出はありますか?

はっとり・・・僕はカラオケ大好きで“ひとカラ”が好きですね。学生のときに店員をやっていたのですが、昼の時間帯はひとカラの主婦の人も多いし、はやっているんですよ。みんなで行くのも楽しいけど、自分の歌いたい曲がなかなか回ってこないから。

―マカロニえんぴつさんの曲を歌うコツは?

はっとり・・・音程の高低差が激しいから難しいってよく言われるんですよ。僕の発声の方法はちょっと鼻に掛かる鼻濁音を使うので、鼻に抜ける音を意識して歌うと近づくかもしれない。歌ってるニュアンスが近づけば、音を外しても“ぽいね”ってなるから。そんな歌いづらい僕らの曲の中でも、比較的歌いやすい曲を挙げると「夜と朝のあいだ」ですね。スローで音程差もあまりないので、練習すればものにできると思います。入口はそこで、ゴールは「ブルーベリー・ナイツ」(笑)。あのAメロはきっとまだ誰も歌えていないので、いつか挑戦してみてください。

(取材・文:宮本英夫)

マカロニえんぴつをもっと知るインタビュー前編はBARKSサイトで。

  • マカロニえんぴつが詳しく語るインタビューはBARKSで!

リリース情報

サムネイル
ミニアルバム 『season』
TALTO/murffin discs
9.11 On Sale
マカロニえんぴつオフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM STADIUM コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る