メインビジュアル

松尾雄史

新曲「俺の花」で王道演歌をじっくり聴かせる、イケメンな外見も魅力の松尾雄史と、前作に続き新曲を手掛けた作詞家・菅 麻貴子先生に、それぞれお話を伺いました。
真っすぐに淡々と男の哀愁を歌う王道演歌で人気上昇中

本人映像

松尾雄史インタビュー

―「俺の花」は別れた女性を思う男心が切ない王道の演歌ですね。

僕はこれまで、演歌と歌謡曲の中間をいくような作品が多かったんです。前作の「すず虫」から正統派の演歌路線にシフトしたのですが、ありがたいことに好評で。演歌はカラオケで歌っていただかないと、なかなかヒットにつながりません。その点、「俺の花」は親しみやすく、“歌ってみようかな”と思える作品になっています。

―今回も作詞をされた菅 麻貴子先生と、前作で初めてお仕事をされたことも、良い結果に結びつきましたね。

菅先生は前作、今作と素晴らしい詞をくださいました。今回の詞では、1番から3番までの最終行、“せめて心の 庭に咲け”がスゴイ!と思いました。考えつきそうで考えつかないフレーズですよね。大好きな菅先生は、控えめでかわいらしい方です。菅先生とは音楽の話はせずに、雑談することが多いですね。そもそも雑談できる先生って、そういないんです(笑)。“作家”という、気軽には話し掛けられない雰囲気の先生方が多くて。でも菅先生は優しくて、笑顔もステキで、とても話しやすい雰囲気なんですよ。

―新曲は感情を抑えた、クリアで真っすぐな歌声が印象的です。ご自身の特徴である“巻き舌”も使っていますね。

巻き舌は、自分で“ここに入れよう”と思っているわけではなく、自然にそうなるんです(笑)。「俺の花」を歌う際は、感情を入れ過ぎると重くなるので、入れ過ぎないよう心掛けています。「俺の花」というタイトルは強い男を思わせますが、男の内面の弱さを描く内容なので、ワーッと強く押すだけでなく、引くだけでもない、微妙な線で歌うのが難しいですね。歌の師匠である水森英夫先生には“発声が一番大事”と言われているので、声をしっかり前に出すような発声も心掛けています。

―「俺の花」をカラオケで歌うときのコツを教えてください。

あまり歌い込まないことですね。軽く、柔らかい感じで歌ってもらえれば。ちなみに水森先生の受け売りですが、笑顔で歌うと柔らかい声が出ます。実践するとその通りで、少しニヤッとすると、温かい声が出ます。

―前作の「すず虫」はカラオケでも人気でした。手応えは感じていますか?

ちょっと感じますね。地方のカラオケ大会などにゲストとして出演するときは、当日のプログラムで自分の曲がどれくらい歌われるかチェックするんです。やはり「すず虫」が多いのですが、僕の曲を歌ってくれる方がだんだん増えていて。僕がゲストで行っていない大会でもそうだと聞いています。まさに歌一色で突っ走った2019年ですが、この勢いで、前作以上にチャート上位にランクインできれば、と思っています。

[Profile]

長崎県生まれ。2012年、“日本クラウン創立50周年記念新人”としてデビュー。2013年、舞台『WORLD』の準主役に抜擢される。前作のシングル「すず虫」はオリコンランキングで好成績をマーク、自身最高のヒット作に。宝塚歌劇のファンでもあり、その舞台を見るのがオフの楽しみ。

作詞家・菅 麻貴子先生インタビュー

―「俺の花」は、どんなコンセプトで制作されたのでしょうか?

松尾雄史さんはデビュー当時から、個性的な声質と歌唱で知られていましたので、お会いするのがとても楽しみでした。彼は長身でイケメンなので、打ち合わせの段階で、前作「すず虫」もそうだったのですが、作品の中ではあえて“かっこイイ男”を書かない方が良いのでは、という話になりました。“俺はダメな男だから、俺のことは忘れてどうか幸せをつかんでくれ”といった世界観でいこう、と。このイメージに沿って、作詞しました。「俺の花」という、どんと胸に響くようなインパクトのあるタイトルと、終わり2行の“俺の花 俺の花 せめて心の 庭に咲け”という、キャッチーなフレーズで、この歌のテーマも形も決まったと思いました。

―歌詞の“風花”(風にちらちらと舞う雪)と“鷺草(さぎそう)”が、切ない歌に清らかさを添えていますね。

ありがとうございます。特に“鷺草”は、以前から小道具として使いたいと思っていました。白い花びらは、シラサギが羽を広げたような珍しい形をしています。花言葉は“清純”“繊細”で、そのピュアなイメージを、別れてもなお、歌の主人公にとって“心の花”であり続ける女性に重ねました。さらに、“俺を忘れて飛び立ってくれ、幸せになってくれ”という主人公の願いも、鷺草に合わせて表現しました。

―松尾雄史の歌い手としての魅力はどんな点でしょうか?

人の心に詞を届けるには、あまり感情移入をし過ぎてはいけない、ということを、彼の歌唱を通してあらためて実感しました。松尾さんは普段、割と無口ですが、頭の回転が速い聡明な人。ファンからの突然のリクエストや質問にも、機転を利かせて答えていますしね。ファッションのセンスもいいですし、歌い方や、ファンの方たちの心のつかみ方などにもセンスを感じます。

―前作で飛躍した彼に、今後どんなことを期待されますか?

「すず虫」では男の哀愁、恋人を幸せにできない切なさを表現して、より大人の松尾雄史を前面に出したのが良かったと思いますし、歌手としての彼の可能性が広がったと思います。今回、同じ路線の「俺の花」で、さらにステップアップしてほしいですね。賞を獲得することももちろん大切ですが、30代、40代で演歌歌手としてトップ3クラスになっていて、さらに演歌・歌謡界を盛り上げてほしいと願っていますし、なれる方だと思います。

(取材・文:大西千夏)

菅 麻貴子(すが まきこ)先生

[Profile]菅 麻貴子(すが まきこ)

千葉県生まれ。作詞家と兼業でDTPオペレーターとして会社に勤務し、55歳を過ぎて作詞を専業に。作詞家の池田充男氏に師事。金田たつえ「夢蛍」でメジャーレーベルの作品を初めて手掛ける。代表作に、金田たつえ「夫婦桜」、内藤やす子「新宿はぐれ鳥」、服部浩子「さくらさくら」「炎の川」、水森かおり「雨の恋唄」、キム・ヨンジャ「花ふたたび」、若山かずさ「春の蝉」など。

リリース情報

サムネイル
シングル 「俺の花」
日本クラウン
12.11 On Sale
松尾雄史オフィシャルサイト
  • twitter
  • facebook
  • line
  • ※ここに掲載のコンテンツは LIVE DAM Ai コンテンツであり、他の機種ではご利用いただけない場合があります。
  • ※都合により、各楽曲及び各コンテンツの配信日及び配信内容が変更になる場合があります。
  • ※一部、MYデンモクに登録できない楽曲がございます。予めご了承ください。
トップへ戻る